オフィス開設事例のご紹介【日宝株式会社 様】│コピー機・複合機のOAランド

取引実績5万社突破!業界最安値に挑戦中!びっくり激安のオフィス家具が多数!初期費用0円の新品コピー機リース!

  • ご利用・ご注文ガイド
  • よくあるご質問

他店よりも1円でも高い場合はご相談ください。0120-464-081 受付:平日10:00〜19:00 土日祝10:00〜18:00

見積り・購入リスト

数量限定お早めにお買い求めください!アウトレット特集!人気のオフィス家具がお買い得! 中古 EMBODY エンボディチェア大量入荷!数量限定、在庫限りとなります。中古品だからこその激安特価!

  • 格安でオフィス新規開設!99,800円〜できちゃう!
  • 数量限定 特選中古 UNIFOR L型ラウンドデスク 入荷しました!

導入事例 − 日宝株式会社 様

日宝株式会社 様

少し良くなればいいな、と思っていたのですが期待以上の出来栄えです!(日宝株式会社 様)

大規模な3フロアにまたがるオフィス移転のご依頼を頂きました。原状回復工事から各種設備工事、セキュリティ対策、オフィス家具一式のご導入を営業マンとお客様とで幾度もの打ち合わせの末にできあがったオフィスです。

事例概要

約58坪を3フロアの施工を行い、6つの部署が入るかたちとなりました。 全体的に天井の圧迫感を感じられていましたので、 ガラスや曇りガラスのパーティションのご導入をご提案させて頂きました。 実際、これらを多用する事で見通しが良くなり、開放感のあるフロアとなりました。 またフロアのトイレの位置がオフィス内にあった為、 その周辺をパーティションや什器をうまく設置する事で違和感の無い空間になり、大変ご満足頂けました!

オフィスレイアウト
目的 オフィス移転
導入内容
  • オフィスレイアウト
  • エントランス
  • パーティション施工
  • 新品・中古オフィス家具
  • 原状回復工事
  • 各種工事
規模 約58坪
約40人用オフィス
約58坪×3フロアに6つの部署が移転

約58坪×3フロアに6つの部署が移転

ご希望のビルに入居が決まり、原状回復から含めてオフィス移転のプロデュースをさせて頂きました。
光が差し込み、活気溢れるオフィスをつくるガラスパーティション

光が差し込み、活気溢れるオフィスをつくるガラスパーティション

各フロアはガラスパーティションで区切り、どこからでもオフィスの中が確認できるような設計。
オフィスの広さを考慮したオフィス家具選び

オフィスの広さを考慮したオフィス家具選び

統一したデスクを使うご要望がフロアの広さで叶わなかったため、業務スタイルに合わせたオフィス家具を行い、ご満足いただきました。
自社で販売促進のモデルケースとしても活用

自社で販売促進のモデルケースとしても活用

日本興亜代理店のモデルケースとしても活用するため、何でも安いものを集めるのではなく、多少お金をかけるところはかけて、全体として気持ちよく働きやすい職場環境を作るコンセプトを実践。
書庫類は通路の目隠しにも

書庫類は通路の目隠しにも

書庫をまとめて設置することで書類管理も効率があがり、さらにビル内の配置で目隠しをしたい用途にも使っています。
複数のミーティングルーム

複数のミーティングルーム

シーンに合わせたミーティングルームを複数用意することで、来客に合わせて活用することができます。
複数のミーティングルーム

複数のミーティングルーム

少人数用のミーティングルームは場所を使い勝手が非常に良く、必ず導入をしています。
開放感のある大会議室

開放感のある大会議室

16名の方が入られる会議室は、音が漏れないように天井までしっかりとパーティションで区切られています。 こちらにもガラスパーティションを採用している為、 開放的で、まるでオフィスとつながっているようです。
社内の方が順番待ちする応接間

社内の方が順番待ちする応接間

落ち着いた空間と包み込むような座り心地と、窓から見えるスカイツリーの様子は、お客様をお迎えする最高の場所となりました。 来客の少ないお昼休みの時間には、社内の方が落ち着いた時を過ごしたいと、順番待ちができるほどご愛用頂いています。
受付エントランス

受付エントランス

エントランスには受付台を設置。すりガラスの採用で非常に明るくなっています。
  • 約58坪×3フロアに6つの部署が移転複数のミーティングルーム
  • 光が差し込み、活気溢れるオフィスをつくるガラスパーティション開放感のある大会議室
  • オフィスの広さを考慮したオフィス家具選び社内の方が順番待ちする応接間
  • 自社で販売促進のモデルケースとしても活用受付エントランス
  • 書庫類は通路の目隠しにも
  • 複数のミーティングルーム

オーナーインタビュー

日宝株式会社 様
日宝株式会社 様
会社名 日宝株式会社
所在地 東京都台東区上野
業種 生命保険代理業、不動産業、旅行業、物品販売、車検の斡旋など
ホームページ 日宝株式会社
インタビュアー
草野

3フロアに及ぶ大型オフィス移転の事例です!

今回お伺いさせて頂いたのは、当社とも共同でオフィスの立上げ支援を行っている日宝株式会社様にインタビューに行きました!このビルの3フロアへの移転という事もあり、実に原状回復から業務が始まるまで最長のお付き合いをさせて頂いた移転でした。 お忙しい中、重役の3名様にインタビューさせて頂き、とても緊張しましたが、 移転にまつわるエピソードから営業担当へのご指導まで含めて、 大変貴重なお話をお伺いする事ができました!
明るいオフィスをつくるガラスパーティション

草野: この度はご移転おめでとうございます! 移転後のオフィス内評価の満足度は100点中何点でしょうか?

施工前は「少し良くなればいいかな」くらいに思っていたので、想像を上回り、期待以上の出来栄えです。(社長様)

90点。同じ机を全員で使いたかったな、という気持ちはありますね。広さの問題で仕方なかったのですが。 全体的には満足しています。(総務部長様)

100点です。移転前のビルの様子を知っているので、ビフォーアフターの変わりぶりに驚きました。 とても明るい事務所になったので満足しています。広さについても、有効スペースを活用したレイアウトをして頂き有難いです。(商事部長様)

草野: とても高評価で安心しました!今回、移転するにあたって何かテーマはございましたか?

商事部では、オフィス計画として電脳さんと共同して、日本興亜代理店の事務所作りをしていますが、 代理店だけではなく、日本興亜の全国の各部署からも「安くていいね」と多数利用されています。

レイアウトから什器販売まですることを大きな柱としていますので、お客様へ提案する際にも、今回のように実際に自分達でレイアウトから什器選びまですることによって「いいものを安く、こんな風に工夫すればこんなにいいものが出来ますよ」という見本にしたいなと思っておりました。オフィス計画の「ショールーム」ですね。

そのため、壁面収納などは中古品、机は全部新品、などのメリハリをつけて、何でも安いものを集めるのではなく、多少お金をかけるところはかけて、全体として気持ちよく働きやすい職場環境を作る。まさにオフィス計画のコンセプトを自らで実践しようというテーマがありました。

フロア別で生まれるコミュニケーション不足の懸念

草野: その中で、不安な点はありましたか?

本当ならば、全ての部署がワンフロアに収まるようなビルに入りたかったのですが、事情によりこのビルに入ることになりました。

ところがこのビルは、部署が3フロアに分かれてしまうため、 コミュニケーションが悪くなることなど業務管理上の問題が一番の不安でした。
また、トイレがこの室内にある、ということも不安の一つでした。

草野: なるほど。ご事情があるとはいえ、不安は大きかったのですね。 その店は解決できましたか?

前に入っていた関連会社はトイレの前にロッカーを並べていましたが、仕切り方が中途半端だったため、出入りが見えたり、音が漏れたりしていました。そのため今回は何か手立てをしたいと思っていました。
これを解決するためのレイアウトをお願いしたところ、ロッカーなどの収納を置いて仕切るだけでなく、お客様が使用することも考え、ドア付のパーティションもつけて頂いたので、この問題に関しては解決できたと感じています。

圧迫感や狭さを出さないガラス

草野: それでは、良かったところはどういった点でしたか?

入口からオフィスに入る前に、一枚ドアをつけ、 そのドアがガラスだというのはとても良かったです。
セキュリティも高く、素通しなのであまり圧迫感がなくて狭さを感じない。これは成功でした。 以前のオフィスではエレベータを降りて、ドアを開ければすぐにオフィス内に入れる環境でしたので、 防犯上の観点から見ると、あまり良くはなかったのですが、 今はドアを一枚設けてた事に加え施錠もされてるので、 セキュリティ対策もしっかりしたものになっていると思います。

草野: たしかに入口をはじめとして、ガラス部分が多く目立ちますね。これには意図はあるのですか?

広く見せることが一番の理由です。
ガラスが入っていないものにした場合、やはり圧迫感が違うと思います。 図面で見たときには狭いかなと思いましたが、 ガラスで仕切ったおかげで、思ったよりも開放感がありました。 会議室のドアの上部がガラスになっているところなども、良いですよね。

思い出深い搬入作業

草野: 一つ一つの場所に思い出が詰まっていると思いますが、一番印象的な事は何でしたか?

何度か作業しているところを見に来る機会があったのですが、 ゼロから新しいものが出来る、それを目の当たりにして、ワクワクしながら見ていたことが思い出されます。
何と言ってもこれだけ大量の什器を一つのエレベーターで少しずつ入れていく過程が印象的でした。
特に応接セットは大変でしたね(笑)。

草野: モノつくりの醍醐味ですね!ここが経費削減できた!という実感頂いたポイントはありますか?

見積り段階では、導入する什器を一つ一つチェックし、リスト化しました。 質と値段を考慮して決めていったので、『ここが!』というポイントではなく、 そういった積み上げによって削減されたのだと思います。

人気の120°デスク

草野: 地道にやることが何より大切なのですね。移転後、社内の様子は変わりましたか?

様変わりした感じがします。その要因は、なんといっても机ですね。
従来のグレーのスチールの机ではなく、デザイン性に優れたL字型と120度の木製天板の机がとても良いと思います。 この形の机を入れたことで、斬新さというか、入ったときにあっと驚くオフィスになりました。
また、帰社時には各自の机の上が以前よりも綺麗に片付いています。 あまり置けない構造になってるので、書類を平積みにするのをやめて、 綺麗にしてから帰るようになりました。

アイディアとして囲ったパーティション

草野: それは凄い!デザイン家具の良いところですね!では、実際に使ってみて、悪い点があれば教えて下さい。

悪い点をあげるならば・・・デスクパーティションでしょうか。
本来は、専用のものをつけるのですが、 デスクトップパネルの価格が比較的高額だったので、 どうにかならないものか、と代わりにパーティションを机の間に挟む方法をとりました。しかし、少し背が高いので目隠し的になってしまって、 向かいの机に人が居るのか、何をしているのか分からないことがあります。 また、電話が鳴っていると、人が居るのか居ないのか、 いちいち立たないと分からないので困ることもあります。

それでも、一人ひとり独立した場所で、きちんとした自分のテリトリーを確保出来ているという面では、 他の人の動きや視線に気をとられずにすみ、集中して仕事をするタイプの人には良い空間ができたと思います。

草野: なるほど、ちょっとしたところで気にかかりますね。
本日は長時間ありがとうございました。最後に今回の担当者についてお聞かせ下さい。

担当の福嶋さんも、本当に良くやってくれました。
彼にとっても、次から同じ仕事をするときの参考になったのではないかなと思います。 彼は入社二年目でですよね?店長までやって、本当に良くここまで勉強してくれたな、と感じました。 今回の過程で、目を見張るほど成長を感じました。今後も一緒に成長できれば嬉しいな、と思います。

悪い点としては、今後は「ビジネス」という面をもっと考える必要があるのかな、と思います。
弊社の要望を真に汲み取って頂ければ、もう少し違う行動ができたのでは無いかと思う場面もありました。 ただそれは、仲良くなりすぎてしまったことが原因だったかもしれませんけどね(苦笑)

草野: この度は営業も含めてたくさん勉強させて頂きました!今後とも末永くお付き合いいただけるよう、社員一同さらに精進させて頂きます!本日は誠にありがとうございました!

ページトップへ